まずは無理をしない勉強をする

まずは無理をしない勉強というのは、誤解のないように申し上げますが、あまり勉強をするなということではありません。
いきなり完璧に覚えようとするなということです。

ITパスポートは、横文字の覚えにくい専門用語ばかりが出来てきます。
普段からそうした用語に慣れていれば良いのですが、
違和感を覚える方も多いと思います。

そんな中で、はじめから無理に用語を覚えようとすると、中々先に進みませんし、勉強がつまらなくなり、挫折してしまう可能性もあります。

ですので、はじめは無理に用語や意味を覚える必要はありません。
ただ、テキストを読むだけで十分です。
それを2度3度繰り返す内に、不思議と独特の専門用語に違和感を覚えなくなり、自然と頭に入ってきます。
ITパスポートの勉強は、まずこの方法を取りいれてほしいと思います。

ITパスポートの勉強に挫折する多くの人は、はじめの段階です。
難解な専門用語が覚えられず、勉強することが苦痛になるのです。

そうなってしまえば、あなたがどんなに勉強しようと思っても
モチベーションが上がってきません。

ITパスポートの勉強は、まず慣れることが重要です。
管理人の友人も、はじめの段階で躓いたので、合格出来なかったのだと思います。

少し遠回りのように感じるかもしれませんが、この勉強をすることで、ITパスポートの土台を作り上げることができます。
そして、一度土台を作ってしまえば、後は少しずつ、知識を上乗せしていくだけなので、
勉強がスムーズに行なえます。
必ず実践してください。

勉強のポイントとしては、とりあえず、1、2回はテキストに目を通して下さい。
それでも不安な方は3回でも良いでしょう!

但し、この勉強を続けすぎると、テキストを読むことが目的となってしまい、肝心な専門用語を覚えていくことが出来なくなります。
ほどほどにすることも大切です。