勉強をはじめるに当たり

「よし、これから勉強をはじめる」と思っても教材がなければ意味がありません。
教材は、勉強の基本となりますので、しっかりしたものを選ぶ必要があります。

では、まずどのような教材があるのか確認していきます。

  1. 自分で用意する(独学)
  2. 通信講座や予備校のものを使う

大きく分ければこの2つになります。

通信講座や予備校の場合は、向こうが用意してくれるので、
考える必要はありません。
なので、独学の場合で考えて見ましょう!

独学の場合、書店へ行ってテキストや問題集を探して購入します。
ただ、多くの方はどんなものを購入してよいのか迷うはずです。

中身を見ても何が良いのかわかりませんし、もし間違えて変な教材を購入してしまったら、
お金の無駄になります。

しかし、何も迷う必要も不安に思う必要もありません。
何故なら、市販されている教材は、さほど差はないからです。

■市販の教材のあくまでも宣伝が目的

多くの方は勘違いしているのですが、市販されている教材と言うのは、試験に合格させるために作られたものではなく、学校の宣伝や著者の知名度を上げるためのものです。
言うなればフロント商品として、教材を購入してもらい、その後他の商品やサービスを販売して利益を出す仕組みになっています。

なので、合格させるために精密に考えて作られた教材ではなく、ポイント、ポイントだけを抜粋して、わかりやすさだけを考えて作られた教材なのです。

実際に勉強してもらえればわかりますが、わからないことや載っていない問題も出てきます。
その場合は、新たに参考書を購入して、今の教材に足りない部分を補っていくしかありません。

ただ、そうは言ってもどのようなものを購入するか目安が必要になりますので、以下の点だけ注意して購入すれば良いでしょう!

  • 手にとっても何となくわかり易そうなテキスト
  • 問題数が多く、解説が丁寧な過去問

とりあえずこの2つで良いと思います。
表現が曖昧で申し訳ないのですが、これしか言いようがありません。

市販されている教材で重要なのは相性ですので、そこを重視すると良いでしょう!

尚、インターネットで情報を集めて購入するのも良いのですが、ほとんどが口コミのように感じても、ただの宣伝ですので、あまり当てにしないで下さい。